浅野家入城400年について

来年、2019年は浅野家第3代浅野長晟(ながあきら)が広島藩の藩主として入城してから400年に当たります。

浅野家は広島藩入場以後、幕末までの250年に渡って広島の藩政を担い、広島の都市的発展の基礎を造り上げました。また、この浅野藩政期には、多くの歴史的事実や広島ならではの文化が生み出されています。

9月17日(月・祝)に開催される「謎解きタイムトラベル~浅野からの挑戦状~」は、浅野藩政期を中心とした広島の戦前の歴史や文化の隠れたストーリー、そして、先人たちが育んできた広島のまちのルーツを楽しみながら知っていただく事業となっております。

Copyright (C) 謎解きタイムトラベル〜浅野からの挑戦状〜 All Rights Reserved.